新型コロナ ワクチン 高齢者接種、来月から 12日の週、5市村皮切り /山形

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 4月12日に始まる高齢者への新型コロナウイルスのワクチン接種について、県は15日までに、県内では山形など5市村から始まる見通しを明らかにした。5月中旬には県内全域に広がる。ただ、65歳以上の高齢者が県内に約36万人いるのに対し、4月26日の週までに届くワクチンは57箱(1箱975回分)で、対象者の約8%分にとどまる。

 4月12日の週に接種が始まるのは、山形▽鶴岡▽長井▽南陽▽大蔵――の5市村。その後、米沢など11市町(19日の週)、寒河江など11市町(26日の週)など、順次広がる。接種が最後に始まるのは5月中旬の三川など3町村。

この記事は有料記事です。

残り401文字(全文669文字)

あわせて読みたい

注目の特集