特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

2年越しの春へ・県岐阜商

センバツ選手紹介/6 2年生外野手 ミート力に磨き /岐阜

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
2年生外野手。前列左から中之薗力也、広部嵩典、長尾依吹選手。後列左から清水亮汰、藤永祥太、加納充翔、中西流空選手=岐阜市長良福光の長良川球場で2021年3月5日、熊谷佐和子撮影 拡大
2年生外野手。前列左から中之薗力也、広部嵩典、長尾依吹選手。後列左から清水亮汰、藤永祥太、加納充翔、中西流空選手=岐阜市長良福光の長良川球場で2021年3月5日、熊谷佐和子撮影

 中西流空(りく) 苦手だった低めの変化球を克服する練習を重ね、バットの芯で球をとらえるミート力に磨きをかけた。秋季大会8試合の打率は4割。センバツでも「全打席でヒットを打ちたい」。

 広部嵩典 動画投稿サイト「ユーチューブ」で剣道の動画を見たのを機に、竹刀の素振りを試した。「どうすればバットの先を速く動かすことができるのか、参考にするため」

 藤永祥太 打率を上げるため、多いときは1日1000回の素振りをこなす。実家は各務原市内だが「野球だけに集中したい」と、学校近くで下宿している。

 清水亮汰 右翼手。10球ごとにコースの想定を変えて行う1日300本の素振り練習で、打ちたい方向をイメージ。守備範囲の広さに自信があり、ヒット級の当たりは飛び込んで捕る。

 加納充翔(あつと) 秋季東海地区大会では、体が左方向に開いて空振りした反省から、打撃練習でフォームを改善。ストライクが来やすい初球からヒットを狙うことを意識。「1球目で仕留められるようになった」

 長尾依吹(いぶき) 中堅手。50メートル5秒90で「足の速さは自分が一番」。ベンチ入りメンバーのスイングスピードを計測、記録する係をこなす。アイドルグループ「嵐」のファン。

 中之薗力也 新型コロナウイルス感染拡大による休校期間中は、両親が贈ってくれたスイングスピードの計測器で、毎日目標の数字を決め、到達するまでバットを振り続けた。3カ月間で約20キロ増の時速142キロに。(敬称略)=随時掲載

あわせて読みたい

注目の特集