動物と向き合う難しさ 雌ライオン襲われ死ぬ 同居訓練「全国で事故情報の共有を」 日本平動物園 /静岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
雄ライオンに襲われて死んだ雌ライオンの「マッチ」=静岡市立日本平動物園で2018年3月(同園提供)
雄ライオンに襲われて死んだ雌ライオンの「マッチ」=静岡市立日本平動物園で2018年3月(同園提供)

 静岡市立日本平動物園で2月、獣舎で雌ライオンが雄ライオンに襲われて死ぬ事故があった。近年は国内の動物園で動物がストレスを感じにくい環境づくりが盛ん。日本平動物園も群れで生活するライオン本来の姿に近づけようと2頭を同居させる訓練中だった。襲った原因は分からず、担当者は「動物と向き合うことの難しさを改めて感じた」と話す。

 日本平動物園によると、死んだマッチは2010年3月に富士サファリパーク(裾野市)から来園した14歳、穏やかな性格の人気者だった。襲った3歳のギルはマッチと同居していた別の雄が老衰で死んだため、後継として20年11月に富士サファリパークからやって来た。

この記事は有料記事です。

残り782文字(全文1068文字)

あわせて読みたい

注目の特集