公家がめでたひな人形 左京・源鳳院で展示 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
二条家から同志社大に寄贈された、ひな飾りと昭和天皇の即位大礼に制作された御所人形=京都市左京区の源鳳院で、矢倉健次撮影
二条家から同志社大に寄贈された、ひな飾りと昭和天皇の即位大礼に制作された御所人形=京都市左京区の源鳳院で、矢倉健次撮影

 衣紋道家元で旧公家・山科家旧邸の旅館「源鳳院」(京都市左京区)でひな人形展「公家雅(みやび)に魅せられて」が開かれている。山科家などが所蔵し、宮廷装束を忠実に再現して公家や大名に愛された江戸時代の「有職雛(ゆうそくびな)」など約15組が並ぶ。20日まで。

 2021年は、明治維新後も京都に残った皇族の久邇宮多嘉王(くにのみやたかおう)(1875~1937年)の王女で、旧公家・二条家に嫁いだ二条恭仁子さん(1917~2002年)が、初節句の1918年に京都の老舗・丸平大木人形店であつ…

この記事は有料記事です。

残り365文字(全文608文字)

あわせて読みたい

注目の特集