特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

でっかい夢・’21センバツ大崎

選手の横顔/9止 今岡大翔外野手/小宮勝輝投手 /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
今岡大翔外野手 拡大
今岡大翔外野手

快足の“小技職人” 今岡大翔(やまと)外野手(1年)

 相手の隙(すき)を突いたセーフティーバントなど職人肌の小技が光る。体を動かすことが大好きで、冬場の厳しい走り込みでも体の大きい2年生たちに食らいつき、集団をリードした。

 もともと内野手だったが「足の速さをもっと生かしたい」と外野手を志願した。紅白戦では50メートル6・3秒の俊足を武器に安打性の打球にも追いつくなど、守備範囲の広さはピカイチだ。

 昨秋の大会ではベンチ入りはしたものの、打席には立てなかった。それでもめげずに素振りなどに励み、スイング力を評価されるようになった。控えめな性格を自覚し「練習でもっと声を出し、積極的にアピールしないといけない」。レギュラー入りを目指して声を張り続ける。

リリーフで存在感 小宮勝輝(しょうき)投手(2年)

小宮勝輝投手 拡大
小宮勝輝投手

 大崎の投手陣で唯一の横手投げ。昨秋、清水央彦(あきひこ)監督からの助言もあり上手投げから転向した。いずれ元に戻すつもりだったが、「思ったよりはまったのでそのまま定着した」といい、紅白戦では安定感抜群の投球を見せる。

 寮のルームメートの坂本安司投手(2年)の実力を素直に認め、時に助言を仰ぐ。「エースになれなくても継投で坂本を支えたい」とリリーフとして存在感をアピールする。「まだ変化球にばらつきがある」と課題を語り、投げ込みを重ねる。

 将来の夢は作業療法士で、理系の勉強が得意。法医学者、上野正彦さんの著書「死体は語る」などを好んで読む。好きな言葉は「桜花爛漫(らんまん)」。桜咲く球春はすぐそこだ。=おわり

〔長崎版〕

あわせて読みたい

注目の特集