特集

第93回センバツ高校野球

第93回選抜高校野球大会の特集サイトです。3月19日から4月1日まで阪神甲子園球場での熱戦を全試合ライブ中継します。

特集一覧

第93回選抜高校野球 明豊高選手紹介/2 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
米田友三塁手 拡大
米田友三塁手

 <センバツ甲子園>

「素直な打撃で貢献」 米田友三塁手(2年)

 先輩からの推薦で寮長を務める。朝は起床コール、夜は消灯や見回りなど毎日きっちり役目を果たす。仲間からは「真面目でガリ勉」と評判。テストの成績はクラスで1、2位を争う。

 昨秋から急成長を遂げた。他の選手と同じ練習をこなしながらも、自分なりの目標を設定し、反省を欠かさなかった。「狙った方向に打球を飛ばす、素直なバッティングで貢献したい」

守備と打撃、両面で柱 幸修也遊撃手(2年)

幸修也遊撃手 拡大
幸修也遊撃手

 川崎絢平監督からの信頼も厚く、主将を任され、チームをまとめる。前チームでも卒業した先輩に交じって川崎監督とのミーティングに入っていた。

 堅守の要を担うが、冬を越えて打撃力も向上した。3月の練習試合で本塁打を放ち、守備と打撃の両面でチームの柱となった。

 練習後、選手たちと話し込んでチームの方向性を話し合う。「センバツまで濃い1日を過ごしたい」と語る。

50メートル6秒前半の俊足 阿南心雄左翼手(2年)

阿南心雄左翼手 拡大
阿南心雄左翼手

 「先頭打者として切り込んで、みんなに『いけるぞ』と思わせたい」と力強く話す。選球眼を磨き、甘く入った球を確実に捉える。出塁すれば50メートル6秒前半の俊足を生かし、盗塁などでかき乱し、後続の打者の安打で生還を狙う。

 尊敬する選手は、前チームの主砲・布施心海さん(18)。布施さんから甲子園での活躍を期待され「安心して見ていてください」と応えた。

粘りの打撃が持ち味 塘原俊平中堅手(2年)

塘原俊平中堅手 拡大
塘原俊平中堅手

 投手に威圧感を与える184センチの長身。しぶとく、粘りのあるバッティングが持ち味だ。「相手の決め球を打ちたい」

 新チームの始まりはけがの連続だった。あばら骨を折り、さらに右手親指も骨折。秋の公式戦には滑り込みで復帰した。

 「もう出遅れたくない」。冬は故障を繰り返さないための体作りを重視。下半身と肩を強化し、準備万端でセンバツに挑む。

あわせて読みたい

注目の特集