特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

ミャンマー死者、100人超す クーデター後 一部地域に戒厳令

  • コメント
  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
煙が上がるヤンゴン中心部と郊外を結ぶ橋の付近=15日、ニュエインアイ撮影
煙が上がるヤンゴン中心部と郊外を結ぶ橋の付近=15日、ニュエインアイ撮影

 ミャンマーでは治安部隊による抗議デモ参加者への銃撃が続き、クーデター発生後の累計の死者は14日、100人を超えた。最大都市ヤンゴンのラインタヤ地区で20人以上が死亡したほかにも、他都市でも銃撃が相次ぎ、人権団体の集計によると、1日の犠牲者数としては過去最多と並ぶ38人が死亡した。ロイター通信は15日にも治安部隊の銃撃で6人が死亡したと報じている。

 国軍は14日、中国資本の工場が襲撃されたラインタヤ地区などで戒厳令を出し、15日に範囲を拡大した。戒厳令はクーデター後初めてとなり、デモ隊を力ずくで抑え込もうとする国軍の姿勢がより一層鮮明になっている。

この記事は有料記事です。

残り1739文字(全文2016文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集