英フィンテック破綻、ソフトバンクG打撃 一部出資

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 英金融サービス企業グリーンシル・キャピタルの経営破綻が波紋を広げている。ITと金融を融合したフィンテック企業として注目されたが、取引してきた金融機関のファンド凍結で経営が行き詰まった。ソフトバンクグループ(SBG)が出資し、東京海上ホールディングス(HD)も保険契約に関わっており、日本企業にも影響が出ている。

 グリーンシルは2011年に創業。売り掛け債権を証券化して運用対象とするビジネスを展開し、19年には1430億ドル(約15兆6000億円)超の金融サービスを提供していた。

この記事は有料記事です。

残り496文字(全文737文字)

あわせて読みたい

注目の特集