特集

第3回全国高校eスポーツ選手権

eスポーツを楽しむ高校生を応援し、文化として発展させていくことをテーマに開催される「全国高校eスポーツ選手権」の特集ページです。

特集一覧

eスポーツ LoL部門 「KDG N1」が連覇 N高対決制す

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 高校生が同じ学校でチームを組み、対戦型コンピューターゲームの腕前を競う「第3回全国高校eスポーツ選手権」(毎日新聞社など主催、サードウェーブ共催)決勝大会最終日は14日、5人対5人で対戦する陣取りゲーム「リーグ・オブ・レジェンド(LoL)」部門がオンラインで行われ、N高(沖縄)の「KDG N1」が2連覇を成し遂げた。

 前回大会より52チーム多い計168チーム(113校)が参加し、昨年12月の予選を勝ち抜いた4チームが決勝大会に進出した。「KDG N1」は準決勝で「Team No Plan」とのN高対決を制し、頂点に立った。N高校は、前日のサッカー対戦ゲーム「ロケットリーグ」と合わせて全2部門を制覇した。

 N高は学校法人「角川ドワンゴ学園」が2016年に開校した広域通信制の学校。「shakespeare(シェイクスピア)」こと大友美有(みゆう)さん(3年)はeスポーツに打ち込みやすい環境を求めて19年に埼玉県の公立高から転校。プロチームに所属するほどの実力に加えて、大手芸能事務所に所属してモデル活動にも取り組む18歳で「大学進学も決まったので(eスポーツと)両立させていきたい」と、さらなる活躍を思い描いていた。【浅妻博之】

あわせて読みたい

注目の特集