日米2プラス2、中国を名指し批判 「国際社会に課題を提起」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
日米安全保障協議委員会(日米2プラス2)に臨む(右から)岸信夫防衛相、茂木敏充外相、ブリンケン国務長官、オースティン国防長官=東京都港区の外務省飯倉公館で2021年3月16日午後3時16分(代表撮影)
日米安全保障協議委員会(日米2プラス2)に臨む(右から)岸信夫防衛相、茂木敏充外相、ブリンケン国務長官、オースティン国防長官=東京都港区の外務省飯倉公館で2021年3月16日午後3時16分(代表撮影)

 日米両政府は16日、外務・防衛担当閣僚による安全保障協議委員会(2プラス2)を東京都内で開いた。両政府は会談後に発表した共同文書で、中国を名指しして「既存の国際秩序と合致しない行動は日米同盟、国際社会に課題を提起している」と批判。中国海警法に対しては「深刻な懸念」を表明した。

 会談は約1時間半行われた。バイデン米政権の閣僚による外国訪問は今回が初めてで、共同文書で中国を名指し批判するのも異例。強固な日米同盟をアピールするとともに、威圧や安定を損なう行為に反対する姿勢を強く打ち出すことで、中国の挑発的な行動をけん制する狙いがあ…

この記事は有料記事です。

残り399文字(全文665文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集