山火事鎮火 足利市が禁煙条例制定へ 消防機材充実も

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
鎮火を発表する足利市の和泉聡市長=栃木県足利市役所で2021年3月15日、玉井滉大撮影
鎮火を発表する足利市の和泉聡市長=栃木県足利市役所で2021年3月15日、玉井滉大撮影

 栃木県足利市西宮町の両崖山で発生した山林火災で、同市は15日、鎮火を発表した。2月21日の出火から23日目だった。消防が火勢を抑え込んだ1日の「鎮圧」からでも15日かかり、水源がない中での消火活動の難しさを示した。記者会見した和泉聡市長は、山林内での禁煙条例の制定や消防資機材の充実など、山林火災への対応を強化する考えを明らかにした。【太田穣、玉井滉大】

 同市によると、15日朝、県防災ヘリで上空からの目視と熱源感知を実施。異常がなかったことから、午後の災害対策本部会議で午後3時の鎮火宣言を確認した。鎮圧以降の残火処理では、4日に山中の3カ所で発煙を確認し消火して以降、残火は見つからず、最終的には13日の降雨(降水量33ミリ)が「恵みの雨」になったという。

この記事は有料記事です。

残り1266文字(全文1597文字)

あわせて読みたい

注目の特集