特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

文化系部活、大会中止で「晴れ舞台」 長野・高校生が発表の場企画

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
本番に向けて練習に励む長野商業高チアリーディング部=長野市妻科の市中部勤労青少年ホームで2021年3月12日午前10時37分、島袋太輔撮影
本番に向けて練習に励む長野商業高チアリーディング部=長野市妻科の市中部勤労青少年ホームで2021年3月12日午前10時37分、島袋太輔撮影

 大会が中止となった文化系部活の晴れ舞台演出を――。長野県内の高校生有志が「晴れプロ実行委員会」を結成した。新型コロナウイルスの感染拡大で、中止となった高校生の発表の場を生み出し、果たせなかった思いを支えている。

 「みんなでせーの、レッツゴーウォリアーズ!」

 12日、長野市中部勤労青少年ホーム(同市妻科)の体育館で、長野商業高チアリーディング部「パンサーズ」の元気な声が響いた。24日には、ホワイトリング(同市真島町)で、晴れプロ実行委がお膳立てした、バスケットボール男子Bリーグ1部(B1)信州ブレイブウォリアーズの試合でパフォーマンスを披露する予定だ。

 同校チア部は全国大会7連覇中の強豪だが、新型コロナの感染拡大で昨年、学校は一時休校。その間、部員はオンラインのビデオ通話をつなげて自宅で練習を重ねた。全体練習が再開したのは6月に入って。しかも、連覇中だった大会も含めて、練習の成果を出すはずだった大舞台は相次いで中止になった。

この記事は有料記事です。

残り491文字(全文909文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集