特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

自殺11年ぶり増「悩みに寄り添う環境を」 20年、2万1081人

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影
厚生労働省が入る中央合同庁舎第5号館=東京・霞が関で、竹内紀臣撮影

 厚生労働省は16日、国内の2020年の自殺者数について、確定値で前年比912人増の2万1081人と発表した。増加に転じたのは11年ぶり。男女別では、男性が1万4055人(同23人減)で減少が続いたが、女性は7026人(同935人増)と全体を押し上げた。新型コロナウイルスの感染拡大による経済状況の悪化や家庭・教育環境の変化で、女性や子どもが影響を受けたとみられる。

 警察庁の自殺統計を厚労省がまとめた。年間自殺者数は1997年までは2万人台で推移し、98年以降は14年連続で3万人超が続いた。03年は最多の3万4427人に達したが、12年以降は3万人を下回った。増加はリーマン・ショック直後の09年以来となる。

この記事は有料記事です。

残り626文字(全文932文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集