横浜市立小、3・11の給食に赤飯 「不適切」と直前に差し替え

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
横浜市役所
横浜市役所

 横浜市の一部の市立小学校で、東日本大震災から10年となった3月11日の給食の献立として卒業などを祝う赤飯が予定され、学校関係者から不適切との声を受けて直前に差し替えられていたことが判明した。市教委の担当者は取材に事実関係を認め「配慮が足りなかった」と話した。

 市教委健康教育課によると、11日に赤飯が予定されていたのは市内約340校のうち戸塚、瀬谷、保土ケ谷、…

この記事は有料記事です。

残り272文字(全文453文字)

あわせて読みたい

注目の特集