柏崎刈羽原発、早期再稼働は不可能に 規制委「最悪レベル」認定

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
東京電力柏崎刈羽原発の7号機=新潟県で2020年10月8日、内藤陽撮影
東京電力柏崎刈羽原発の7号機=新潟県で2020年10月8日、内藤陽撮影

 IDカード不正利用問題や安全対策工事の未完了など、年明けから失態が続く東京電力柏崎刈羽原発(新潟県柏崎市、刈羽村)で16日、最悪レベルの核セキュリティー上の不備が発覚した。原子力規制委員会による追加検査には1年以上かかる見通しで、東電が目指す柏崎刈羽の早期再稼働は当面、不可能になった。

 「インパクト自体が全く違う。他のものとは全く比較不可能だ。悪い意味で東電スペシャルなのではないか」。16日夕に記者会見した規制委の更田(ふけた)豊志委員長は、事態の重さをこう強調し、東電を厳しく批判した。

 今回の事案は、核セキュリティー上、4段階で3番目だったID不正問題よりも重く、4段階で最も悪質な「最悪レベル」と認定された。

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文726文字)

あわせて読みたい

注目の特集