安保法違憲訴訟 原告の請求棄却 釧路地裁 /北海道

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 集団的自衛権の行使を可能にした安全保障関連法は憲法に反し、平和的生存権などが侵害されたとして、釧路市などの元教員ら215人が国に1人当たり10万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、釧路地裁(新谷祐子裁判長)は16日、請求を棄却した。原告側は控訴する方針。

 判決は違憲性について「裁判所は具体的な事件を…

この記事は有料記事です。

残り99文字(全文249文字)

あわせて読みたい

注目の特集