橿原市の専決処分「違法」 施設開業前倒しで 高裁判決確定 /奈良

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 橿原市役所の分庁舎や民間ホテルが入る複合施設「ミグランス」の開業時期の前倒しを巡り、前市長が議会の否決後に専決処分で契約を変更したのは「違法で無効」とした昨年8月の大阪高裁判決が確定していたことが、16日までに分かった。市によると、最高裁が2月19日付で上告を受理しない決定をした。

 ミグランスを巡っては、市が2018年1…

この記事は有料記事です。

残り242文字(全文404文字)

あわせて読みたい

注目の特集