成田空港で新装置の実証実験 ブーツを履いたまま保安検査可能に

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
デモンストレーションで、靴を履いたまま検査を受けるスタッフ=成田空港で2021年3月15日午前10時21分、中村宰和撮影
デモンストレーションで、靴を履いたまま検査を受けるスタッフ=成田空港で2021年3月15日午前10時21分、中村宰和撮影

 千葉県の成田空港で15日、旅客がブーツや安全靴、厚底靴、くるぶしを覆う靴などを履いたまま検査を受けられる装置の実証実験が始まった。

 国土交通省は2019年9月から、一部の靴について、凶器や爆発物などを隠していないか調べるためX線検査の実施を求めている。旅客は搭乗前の保安検査場で、靴を脱いでトレーに…

この記事は有料記事です。

残り110文字(全文260文字)

あわせて読みたい

注目の特集