脱EU「グローバルブリテン」 中国けん制でアジア関与強化掲げ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
ジョンソン英首相
ジョンソン英首相

 英政府が16日発表した、東西冷戦終結後の外交・安全保障政策を包括的に見直す「統合レビュー」では、核弾頭の保有上限が引き上げられたほか、インド太平洋地域への関与強化が正式に打ち出された。世界各国と新たな連携関係を築く「グローバルブリテン」構想と、関係が悪化する中国をけん制する動きが結びついた政策と言えそうだ。

 英国は2020年12月31日に欧州連合(EU)を完全離脱。ブレグジット(英国のEU離脱)後の戦略として「英国の潜在力を解き放つ」(ジョンソン首相)ことで、国際社会でのプレゼンスを高める「グローバルブリテン」構想を描く。

この記事は有料記事です。

残り895文字(全文1160文字)

あわせて読みたい

注目の特集