香港政府、区議にも忠誠義務づける条例改正案 民主派大量失職も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
香港の立法会庁舎。そばには中国国旗と香港特別行政区旗が翻る=香港・金鐘で2019年6月17日、福岡静哉撮影
香港の立法会庁舎。そばには中国国旗と香港特別行政区旗が翻る=香港・金鐘で2019年6月17日、福岡静哉撮影

 香港政府は17日、地方議会に当たる区議会(479議席)の議員に対し、中国や香港政府に忠誠を誓うよう義務づける条例改正案を立法会(議会)に提出し、同日審議入りした。条例では議員が宣誓を拒んだ場合、議員資格を剥奪されると規定する。立法会は親中派が多数を占めており、今夏までに可決される見通し。

 中国の習近平指導部が掲げる「愛国者による香港統治」の実現が目的。民主派にとって区議会は議席の8割超を…

この記事は有料記事です。

残り296文字(全文492文字)

あわせて読みたい

注目の特集