同性婚不受理の違憲判決 弁護団「画期的判断。法改正に着手を」

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
横断幕を手に札幌地裁に向かう原告ら=札幌市中央区で2021年3月17日午前10時半、貝塚太一撮影
横断幕を手に札幌地裁に向かう原告ら=札幌市中央区で2021年3月17日午前10時半、貝塚太一撮影

 同性同士の法律婚を認めないのは「婚姻の自由」などを保障した憲法に反するとして、北海道内のカップル3組6人が慰謝料各100万円の支払いを国に求めた訴訟の判決で、札幌地裁(武部知子裁判長)は17日、違憲性を認めつつ、請求を棄却した。この判決について、弁護団が声明を発表した。

 弁護団は、「本判決が同性間の婚姻を認めていない本件規定が憲法14条1項に違反するとの判断を初めて示した点は画期的なものであり、原告らの真摯(しんし)な訴えを受け止めた判決として高く評価できるものである」と評価した。一方で、「判決が国会の責任を認めなかった点は、法律婚の制定を待つ多くの同性カップルの権利実現を先延ばしにするものであり、残念な思いも拭い去れない」と記した。

この記事は有料記事です。

残り535文字(全文857文字)

あわせて読みたい

注目の特集