特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

抗うつ剤「クロミプラミン」に新型コロナの侵入防ぐ作用か

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
新型コロナウイルスの細胞侵入を阻害し、増殖抑制の効果も期待される抗うつ剤「クロミプラミン」(商品名アナフラニール)=九州大提供
新型コロナウイルスの細胞侵入を阻害し、増殖抑制の効果も期待される抗うつ剤「クロミプラミン」(商品名アナフラニール)=九州大提供

 九州大と国立医薬品食品衛生研究所の共同研究チームは17日、抗うつ剤の承認薬「クロミプラミン」(商品名アナフラニール)に、ヒトの細胞へ新型コロナウイルスが侵入するのを防ぐ作用があることを確認したと発表した。変異株への有効性が期待される他、ウイルスの増殖を抑制する効果もあるといい、動物実験や臨床で検証を進めて早期実用化を目指す。

 新型コロナウイルスは、ヒトの細胞表面で受け手となる受容体たんぱく質に結合して細胞内へ侵入し、RNA(リボ核酸)の遺伝情報に従って増殖。細胞外へ放出されて他の細胞に感染が広がるとされる。

この記事は有料記事です。

残り304文字(全文561文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集