特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

かく闘う・監督対談

智弁学園×大阪桐蔭 近畿決勝再び 勝利の秘策は 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
和やかな雰囲気でオンライン対談する智弁学園の小坂将商監督(左)と大阪桐蔭の西谷浩一監督=2021年3月12日 拡大
和やかな雰囲気でオンライン対談する智弁学園の小坂将商監督(左)と大阪桐蔭の西谷浩一監督=2021年3月12日

 第93回選抜高校野球大会(19日開幕)の1回戦注目カードに臨む両監督が戦い方などを語り合うオンライン対談。最終回は、22日の大会第4日第2試合で対戦する智弁学園(奈良)の小坂将商監督と大阪桐蔭の西谷浩一監督。優勝候補同士の対決は、公式戦で過去5勝1敗と分がいい西谷監督が対談でも“主導権”を握った。

 ――昨秋の近畿大会決勝で対戦し、甲子園での再戦となる。

 ◆大阪桐蔭・西谷監督(以下、西谷) 秋に負けた相手なので、ひと冬かけて頑張ってきたことをどれだけ出せるか、力がついているかという試合になる。

昨秋まで高校通算30本塁打を放った智弁学園の前川右京選手=奈良県五條市で2021年2月7日、小出洋平撮影 拡大
昨秋まで高校通算30本塁打を放った智弁学園の前川右京選手=奈良県五條市で2021年2月7日、小出洋平撮影

 ◆智弁学園・小坂監督(以下、小坂) 胸を借りるつもりでしっかりやりたい。ひと冬越えて両チームとも変わっていると思う。

 ――冬場の強化ポイントは。

 ◆西谷 昨秋は完全に力負けだった。走攻守すべてを鍛えてレベルアップしたいと思っていたところで、非常に(成果を)測りやすい初戦になった。

 ◆小坂 メンバーはだいたい一緒。冬にいろいろやったが、キャッチャーがポイントになってくると思う。

 ――理想とする試合展開は。

 ◆西谷 粘り抜いて、終わった時に1点でも勝りたい。点数を取れるなら取りたいが、「簡単には取らせない」という顔を今、小坂監督がしている(笑い)。

 ◆小坂 序盤を大事に戦いたい。

 ――鍵となる選手は。

1年夏も甲子園を経験している智弁学園の西村王雅投手=奈良県五條市で2021年2月7日、小出洋平撮影 拡大
1年夏も甲子園を経験している智弁学園の西村王雅投手=奈良県五條市で2021年2月7日、小出洋平撮影

 ◆西谷 全員を束ねているキャプテンの池田が活躍すれば、勢いに乗るのではないか。

 ◆小坂 内野陣。どれだけピッチャーを盛り上げるか。

 ――警戒する相手選手は。

 ◆西谷 いい選手がいっぱいいる。あと小坂監督にしっかりやってもらわないようにしないといけない。西村王雅選手、前川右京選手など、下級生の頃から出場している選手が多いので、そういう選手たちに勢いをつけてもらいたくない。

 ◆小坂 池田陵真選手、宮下隼輔選手のクリーンアップ。そこにランナーをためて回さないようにしたい。あと、西谷監督に経験で負けているので食らいつきたい。

 ◆西谷 口で言っているだけですよ。

 ――近畿大会で何度も対戦しているが、試合中に相手の顔を見たりするのか。

昨秋の公式戦で出場選手トップタイとなる4本塁打を放った大阪桐蔭の宮下隼輔選手=東大阪市で2021年3月3日、北村隆夫撮影 拡大
昨秋の公式戦で出場選手トップタイとなる4本塁打を放った大阪桐蔭の宮下隼輔選手=東大阪市で2021年3月3日、北村隆夫撮影

 ◆西谷 僕はよく見ているが、すぐ目をそらされるのであまり目は合わない(笑い)。

 ◆小坂 怖いので(笑い)。目を合わすようにしていきます!

 ――組み合わせ抽選が例年より前倒しされた。どう生かしたか。

 ◆西谷 相手の分析をするのも大事だが、秋に負けた相手なので、自分たちを鍛える方を優先してしっかり準備している。

 ◆小坂 たまたま勝てただけだと思っている。もう一度胸を借りるつもりで頑張りたい。

主将で4番を任されている大阪桐蔭の池田陵真選手=2020年10月24日午前10時8分、荻野公一撮影 拡大
主将で4番を任されている大阪桐蔭の池田陵真選手=2020年10月24日午前10時8分、荻野公一撮影

 ――昨年の秋とは違う戦い方や秘策は。

 ◆西谷 それはもう、お互い秘密だと思いますよ。小坂監督がもう、ありありの顔をしてますからね(笑い)。

 ◆小坂 してない、してない(苦笑)。

 ◆西谷 僕は正直なので、何もないです。

 ◆小坂 正直にゼロで行きます。

(かく闘う・監督対談は今回で終わります)

両校の甲子園での戦績

智弁学園(2年連続14回目)

センバツ  14勝11敗、優勝1(16年)

全国選手権 21勝19敗

大阪桐蔭(2年連続12回目)

センバツ  26勝7敗、優勝3(12年、17年、18年)

全国選手権 37勝5敗、優勝5(91年、08年、12年、14年、18年)

智弁学園(奈良)

 1965年に弁天宗を母体に設立され、野球部も同年創部。甲子園は夏は68年に初出場し、19回出場して95年の4強が最高成績。センバツは第48回(76年)に初出場し、第88回(2016年)に初優勝。OBに岡本和真(巨人)、高代延博(元広島)ら。

小坂将商

 こさか・まさあき 1977年7月23日生まれ。和歌山県出身。智弁学園高3年時の1995年夏の甲子園で主将兼中堅手として4強。法政大、松下電器(現パナソニック)を経て母校のコーチ、2006年4月から現職。今大会が春夏計13回目の甲子園で優勝1回。学校職員。

大阪桐蔭

 1983年に大阪産業大高大東校舎として開設し、88年に大阪桐蔭として分離独立。野球部も同年創部し、第63回大会(91年)でセンバツに初出場した。2012年に藤浪晋太郎(阪神)、18年には根尾昂(中日)らを擁し春夏連覇するなど春3回、夏5回の甲子園優勝。ラグビー部なども強豪。

西谷浩一

 にしたに・こういち 1969年9月12日生まれ。兵庫・報徳学園高、主将を務めた関大で捕手。93年から大阪桐蔭高のコーチを務め、98年11月に監督に就任。全国制覇7回(春3回、夏4回)は歴代最多、甲子園通算55勝(9敗)は歴代3位。社会科教諭。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集