連載

終活ナビ

毎日新聞デジタルの「終活ナビ」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

終活ナビ

贈与税が発生しない制度とは?

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 Q 贈与税が発生しない制度とは?

 まとまったお金を子に贈与したいと考えていますが税金がかかるのではと心配です。2500万円まで贈与税が発生しない相続時精算課税制度という制度の存在を知りました。どのような制度ですか。(70代、男性)

併用できない制度も、長短知って

 A 相続時精算課税制度とは、60歳以上の父母または祖父母から20歳以上の子または孫に財産が贈与された場合に利用できる制度です。1人の贈与者から2500万円まで、贈与税を納めなくてもこれが受けられます。一方で贈与者の死亡時、「相続財産の価額」に「相続時精算課税制度で贈与した財産の価額」(贈与時の時価)を加算して相続税額を計算し、「精算」します。つまり、贈与時は非課税でも、相続時に相続税が発生する可能性がある点に注意が必要です。2500万円を超える贈与を受けた場合には、超えた部分に20%の贈与税がかかり、相続時に相続税が発生する場合は、贈与税として先に納税した額はそ…

この記事は有料記事です。

残り625文字(全文1041文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集