ミャンマー軍を批判 NPOが署名運動「名古屋難民支援室」 /岐阜

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 クーデターで全権を掌握したミャンマー軍に対する現地の抗議デモで治安部隊の銃撃による死者が出た情勢を受け、名古屋市のNPO「名古屋難民支援室」(代表理事=名嶋聡郎弁護士)は、軍を批判する声明を出し、賛同署名を募っている。

 声明で「自国民に一方的に銃を向けるような軍隊の在り方は決して正当化されるものではありません」とした。支…

この記事は有料記事です。

残り244文字(全文406文字)

あわせて読みたい

注目の特集