特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

40人の魂

センバツ・京都国際 梅田晃輝捕手(2年)/佐藤有悟選手(2年) /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
京都国際の梅田晃輝捕手(2年)=京都市東山区で、山崎一輝撮影
京都国際の梅田晃輝捕手(2年)=京都市東山区で、山崎一輝撮影

配球技術上げたい 梅田晃輝捕手(2年)

 中学1年までは内野手や投手をしていた。練習の時にたまたま捕手役をしてみたところ、指導者に見込まれ、捕手に転向した。「真面目」と周りが評する人柄で、課題に真正面から向きあう。「盗塁を阻止する時、球をミットから握りかえるスピードがまだ遅い。配球やブロッキングの技術も上げていきたい」【中島怜子】


 (1)峰山中(京丹後市)(2)176センチ・74キロ(3)右・右(4)不撓(ふとう)不屈(5)甲斐拓也捕手(ソフトバンク)(6)塩豚丼・唐揚げ


楽しんで長打打つ 佐藤有悟選手(2年)

京都国際の佐藤有悟選手(2年)=京都市東山区で、山崎一輝撮影
京都国際の佐藤有悟選手(2年)=京都市東山区で、山崎一輝撮影

 野球を始めた理由は「楽しそう」と感じたから。外野の守備練習は学校のグラウンドが狭いため、空いているスペースを活用するなど不自由な部分もあるが「不満はない。ためになるし楽しい」と前向きだ。特に打撃が得意といい「持ち味は長打。強い打球を放てる」。素振りのバットを握る手にも、自信がこもる。【中島怜子】


 (1)西淀中(大阪市西淀川区)(2)175センチ・75キロ(3)右・右(4)なるようになる(5)中田翔選手(日本ハム)(6)ラーメン


 【プロフィルの見方】(1)出身中(2)身長・体重(3)投・打(4)好きな言葉(5)憧れの人(6)好きな寮の食堂のメニュー

 ※18日から新学年で表記します。

〔京都版〕

あわせて読みたい

注目の特集