ゲンコウを馬渡島特産に 栽培農家ら「恩返し」移植 唐津西高写真部と未来ギフトが島民と結び /佐賀

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
幹と枝を切って移植したゲンコウの根元に水がたまるように鉢状に土を盛る富田さん(左端)と唐津西高写真部の部員たち
幹と枝を切って移植したゲンコウの根元に水がたまるように鉢状に土を盛る富田さん(左端)と唐津西高写真部の部員たち

 唐津市沖の馬渡(まだら)島で淡いレモン色の柑橘(かんきつ)類「ゲンコウ」を特産品にする民間事業が始まった。産直サイトを運営する未来ギフト実行委員会が県立唐津西高写真部の提案を受け、島民に栽培を依頼して収穫した実を加工・販売する計画だ。15日には第一歩として、島の自生木からの接ぎ木でゲンコウを生産する同市浜玉町の農家、富田秀俊さん(71)が「恩返しに」と無償提供した成木19本が、部員23人の手で島の畑に移植された。【峰下喜之】

 題して「馬渡島ゲンコウ復活プロジェクト」。ゲンコウは島の固有種とされ、甘みがありまろやかな酸味の果汁が特徴。サツマイモなどを育てていた畑を提供した牧山友好(ともよし)さん(65)によると、島では古くから自生の実を搾って焼き魚や酢の物に使ってきたが、農作物として栽培されることはなかったという。

この記事は有料記事です。

残り666文字(全文1028文字)

あわせて読みたい

ニュース特集