東日本大震災の写真展 恐ろしさ再認識を 長崎 /長崎

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
長崎市役所本館で展示されている被災地の写真
長崎市役所本館で展示されている被災地の写真

 発生から11日で10年を迎えた東日本大震災の恐ろしさを再認識してもらおうと、長崎市は被災地で撮影された写真を市役所や公民館など市内64カ所で展示している。18日まで。

 同市桜町の市役所本館では、仙台市消防局などから提供された写真36枚を展示。津波で水没した集落でボートを使って捜索活動をする様子や、…

この記事は有料記事です。

残り96文字(全文246文字)

あわせて読みたい

注目の特集