特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

発言

「フェイクポピュリズム」に抗す=山本龍彦・慶応義塾大学法科大学院教授

写真はイメージ=ゲッティ
写真はイメージ=ゲッティ

 世界的に、ポピュリズムへの警戒が高まっている。リベラルデモクラシーの考えによれば、自由は、エリートと人民がともに強くあること、両者がせめぎ合い、一定の均衡を保つことではじめて実現する。SNS(ネット交流サービス)の出現で言論空間が民主化したことで、人民の力が過度に増幅し、両者の均衡が崩れて自由が失われるのではないか。これが、冒頭の懸念の背景だ。

 しかし、そこでいう人民やポピュリズムとは何かには注意が必要である。SNSのビジネスモデルは、一般に関心経済(アテンションエコノミー)と呼ばれる。魅力的なコンテンツを提供して利用者の関心をひきつけ、これを広告主に販売するという仕組みだ。そこでは、閲覧数やウェブページでの滞在時間がもうけにつながり、利用者が反射的にクリックしそうな刺激的コンテンツが重宝される。偽情報が拡散するのは、それが真実よりも刺激…

この記事は有料記事です。

残り925文字(全文1300文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集