連載

くらしの明日

社会保障のあるべき姿を専門家が論じます。

連載一覧

くらしの明日

私の社会保障論 食欲がない時に=白十字訪問看護ステーション統括所長・秋山正子

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新型コロナウイルスの感染予防のため、自粛生活が続いている。「家にこもって運動不足だから、おなかもすかないし……」と、食べ物に興味がわかない人、逆に外食が主だったのに、家での食事が中心となり、食事作りに目覚めた人もいると聞く。テレビの料理番組は以前にも増して「簡単レシピ」「手軽にレストランの味が再現できる料理」など、初心者向けが目立つ。

 他の人と離れた場所で、話しかけたりせずに黙々と食べることが推奨され、職場などでも「孤食」に近い形で昼食をとっているのではないだろうか。改めて、食事は本来1人ではなく、家族や友人と話しながら楽しく食べるからこそ食欲もわき、食べ物の味も感じられ、食材もいきるのではないかと考えさせられる。

この記事は有料記事です。

残り603文字(全文915文字)

あわせて読みたい

注目の特集