「同性婚認めず」違憲 判決要旨

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <主文>

 原告の請求をいずれも棄却する。

 <違憲性>

 民法や戸籍法は、婚姻は異性間でなければできないと規定している。憲法24条は「両性の合意」「夫婦」など異性の男女を想起させる文言を用い異性婚について定めたもので、同性婚に関して定めたものではない。民法などの規定が同性婚を認めていないことが、憲法24条に違反すると解することはできない。

 国側は同性愛者であっても異性との間での婚姻は可能で、性的指向による区別取り扱いはないと主張する。しかし、そのような婚姻は同性愛者にとって本質を伴ったものにはならない場合が多く、異性愛者と同等の法的利益を得ているとみることはできない。国側の主張は採用できない。

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文1013文字)

あわせて読みたい

注目の特集