核物質管理施設で火災 職員に放射性物質付着 青森・六ケ所村

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 公益財団法人「核物質管理センター」(東京都)は16日、管理する「六ケ所保障措置分析所」(青森県六ケ所村)で、放射性物質を扱う設備内の容器が燃える火災があったと発表した。消火にあたった職員1人の顔に微量の放射性物質が付着したがすぐに除染し、健康に影響はないとしている。環境への影響も確認されていないという。

 同センターなどによると同日午前10時40分、分析所内で、密閉した状態で放射性物質を扱うステンレス製の設備「グローブボックス」(高さ約1メートル、幅約1・5メートル)の中のウランとプルトニウムの混合溶液を分析中、設備内のビニール製容器から出火しているのを職員が発見し、119番した。約3時間半後に鎮火した。

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文523文字)

あわせて読みたい

注目の特集