特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

行動自粛を呼びかけた4日後 市長ら4人でゴルフ 岐阜

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
昨年末のゴルフについて問われ、答弁する柴橋正直市長(手前)=岐阜市今沢町の岐阜市議会で2021年3月17日午前11時29分、井上知大撮影
昨年末のゴルフについて問われ、答弁する柴橋正直市長(手前)=岐阜市今沢町の岐阜市議会で2021年3月17日午前11時29分、井上知大撮影

 岐阜市の柴橋正直市長が昨年末、各務原市内のゴルフ場で同市の浅野健司市長、関市の尾関健治市長、美濃加茂市の藤井浩人前市長の計4人でゴルフをしていたことが17日、岐阜市議会の一般質問で明らかになった。昨年末は新型コロナウイルスの感染拡大期にあたり、服部勝弘市議(無所属クラブ)は「市民に行動自粛を呼びかけるなかでのゴルフは、好ましくない」と指摘している。

 県内では昨年末から年始にかけ、連日50人前後の感染者が確認され、古田肇知事が12月25日、医療体制の悪化を示す「医療危機事態宣言」を発表。4人はその4日後の29日にゴルフをプレーしていた。柴橋市長は休日だった。柴橋市長は2日後の31日、古田知事と共同記者会見に臨み、県民に外出自粛を呼びかけていた。

この記事は有料記事です。

残り176文字(全文502文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集