東海第2原発の運転差し止め命じる 住民側勝訴 水戸地裁判決

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本原子力発電の東海第2原発(茨城県東海村)の運転差し止めを周辺住民ら224人が求めた訴訟の判決で、水戸地裁(前田英子裁判長)は18日、住民側の訴えを認め、原電に運転の差し止めを命じた。

 住民側は、原電が、想定される最大規模の揺れを示す「基準地震動」を算定する際に、過去の揺れの平均値のみを根拠とし、「ばらつきを考慮していなかった」と主張。原電は揺れ…

この記事は有料記事です。

残り266文字(全文442文字)

あわせて読みたい

注目の特集