特集

入管・難民問題

国外退去処分になった外国人の入国管理施設での扱いが注目を集めています。難⺠に厳しいと言われる日本。人権は守られている︖

特集一覧

入管収容女性死亡「見殺しにされた」 支援団体、真相公表を要請

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 名古屋出入国在留管理局(名古屋市港区)に収容されていた30代のスリランカ人女性が施設内で死亡した問題で、女性を支援していた団体「START」(外国人労働者・難民と共に歩む会)が18日、同管理局に真相公表を申し入れた。メンバーらは周辺で抗議集会を開き、「なぜ助けなかったのか」「(管理局は)変わってほしい」などと訴えた。

 申し入れ書では「事件は医療放置により引き起こされた。管理責任を明確にさせ、謝罪の意を表明し、一日も早く真相を公表して。二度と起こさないためにも、送還一本やりの方針から当事者の事情を配慮し救済する方針にしてほしい」としている。同管理局側からは「私たちも本省(法務省)の調査を受けている立場なので答えられることはない」と回答があったという。

この記事は有料記事です。

残り454文字(全文783文字)

【入管・難民問題】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集