「プロデューサーからセクハラ」愛内里菜さんが元所属会社を提訴

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
大阪地裁=大阪市北区で、曽根田和久撮影
大阪地裁=大阪市北区で、曽根田和久撮影

 所属していた音楽制作会社(大阪市)の男性プロデューサーから約10年間、セクハラ行為を繰り返され精神的苦痛を受けたとして、歌手の愛内里菜さんが同社に1000万円の賠償を求める訴訟を大阪地裁に起こした。18日に第1回口頭弁論があり、同社側は争う姿勢を示した。

 訴状などによると、男性は同社の創業者兼取締役で、愛内さんら歌手や音楽グループのプロデュース…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集