「国民がどう思うか」 次席検事、反省の弁 黒川氏を略式起訴

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
黒川弘務・元東京高検検事長
黒川弘務・元東京高検検事長

 新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言中に新聞記者らと賭けマージャンをしたとして、東京地検特捜部は18日、黒川弘務・元東京高検検事長(64)を賭博罪で略式起訴した。2020年7月に不起訴処分(起訴猶予)としていたが、検察審査会の「起訴相当」議決を受け、再捜査した結果、処分を一転させた。新聞記者ら3人は再び起訴猶予とした。

 略式起訴は書面のみの審理で簡裁に罰金を求める手続き。東京簡裁が「略式不相当」と判断せずに略式命令を出し、黒川元検事長が罰金を納付すれば、裁判を開かずに手続きは終結する。

この記事は有料記事です。

残り1204文字(全文1454文字)

あわせて読みたい

注目の特集