特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

広島新庄「勝利の方程式」を上田西打線崩せるか 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
広島新庄の花田侑樹(左)と上田西の笹原操希
広島新庄の花田侑樹(左)と上田西の笹原操希

第4日第3試合 広島新庄vs上田西

 広島新庄の「投」と、上田西の「打」の対決になる。

 広島新庄は右の本格派・花田侑樹(3年)が先発し、左腕・秋山恭平(同)へ継投するのが必勝パターンだ。花田は最速143キロの直球を軸に多彩な変化球を操る。今冬には左打者の内角へのカットボールを習得し、内外角目いっぱい使って勝負する。秋山は伸びのある直球に、昨夏から使い始めたカットボールとツーシームなどで打たせて取る。

 打線は1番・大可尭明(同)を筆頭に粘り強い。持ち味の盗塁やバントなどでつないでいけば、着実に得点できそうだ。

 上田西は投手力で分が悪いだけに打ち勝ちたいところ。2020年秋の公式戦打率4割8厘は今大会出場校トップ。送りバントはあまり使わず、どんどん振る。

 昨秋に三塁打を5本放った1番・笹原操希(同)、中軸には広角に打ち分ける柳沢樹(同)、長打も小技もできる飛鳥井洸(同)、柔らかく変化球を打つのがうまい杉浦琉生(同)など好打者がそろう。昨秋の北信越大会では星稜(石川)のエース左腕を攻略しており左投手も苦にしないのは強みだ。

 制球に優れるエース左腕・山口謙作(3年)がテンポ良く投げられるためにも早めに援護したい。【安田光高】

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集