特集

第94回センバツ高校野球

第94回選抜高校野球大会の特集サイトです。阪神甲子園球場での熱戦全31試合をLIVE配信します。

特集一覧

絶対エース谷木擁する柴田 京都国際は二枚看板 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
柴田の谷木亮太(左)と京都国際の平野順大
柴田の谷木亮太(左)と京都国際の平野順大

第5日第2試合 柴田vs京都国際

 春夏通じて初出場同士のフレッシュな顔合わせだ。大舞台で普段の力を発揮できるかも勝負を左右しそうだ。

 投手の陣容が対照的だ。柴田は2020年秋の公式戦全11試合に登板した右腕・谷木亮太(3年)が絶対的存在。最速134キロの直球にカーブやチェンジアップを交えて打たせて取る。東北大会では球数制限上限の「1週間500球」に到達し、決勝では19球しか投げられず大敗。甲子園でも谷木が打ち込まれたり、アクシデントで降板したりする事態になれば苦戦は免れない。

 一方の京都国際は左右の二枚看板を擁する。右腕・平野順大は打者の手元で伸びる直球が特長で、左腕・森下瑠大は直球とスライダー、フォークなど変化球の組み合わせが巧みだ。ともに2年生ながら完投能力があり、層の厚さで優位に立つ。

 攻撃では、ともに3割1分台のチーム打率のほか、長打や犠打飛でもデータ上はほぼ同じ数字が並ぶ。柴田は「機動打破」を掲げてリードオフマンの我妻秀飛(3年)を中心に足を使った攻めを得意としており、二塁送球が2秒を切る京都国際の強肩捕手・中川勇斗(3年)との駆け引きも注目される。京都国際は昨秋はメンバー外も、故障から復帰し主力起用が見込まれる武田侑大(2年)の働きにも期待がかかる。【野村和史】

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

関連記事

あわせて読みたい

ニュース特集