特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

朝青龍のおい、センバツの夢 明徳義塾留学、監督&技術者目指す

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
一塁側アルプス席でチームメートを応援する明徳義塾のセルジブデ・サンダガバザル(3年)=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2021年3月19日午後1時9分、森野俊撮影
一塁側アルプス席でチームメートを応援する明徳義塾のセルジブデ・サンダガバザル(3年)=兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で2021年3月19日午後1時9分、森野俊撮影

 19日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕した第93回選抜高校野球大会。第1日第2試合に登場した明徳義塾(高知)の野球部には、大相撲の元横綱・朝青龍のおいがいる。セルジブデ・サンダガバザル(3年)。チームメートから「サンダ」の愛称で呼ばれる外野手は今大会、メンバーから外れてアルプス席からの応援となったが、大きな夢を描いている。

 2年ぶりに開催されたセンバツ。優勝候補の仙台育英(宮城)と対戦した1回戦で、「サンダ」は一塁側アルプス席からグラウンドの仲間に懸命に拍手を送り続けた。

この記事は有料記事です。

残り718文字(全文959文字)

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集