特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第93回選抜高校野球 明徳義塾、仙台育英 きょう開幕・対戦 監督オンライン対談 /高知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
オンラインで対談する明徳義塾の馬淵史郎監督(左)と仙台育英の須江航監督=伝田賢史撮影 拡大
オンラインで対談する明徳義塾の馬淵史郎監督(左)と仙台育英の須江航監督=伝田賢史撮影

 <センバツ2021>

 第93回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援、阪神甲子園球場特別協力)は19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。第1日第2試合での対戦を前に、明徳義塾の馬淵史郎監督が仙台育英(宮城)の須江航監督とオンライン対談を行い、戦い方などを語った。昨秋の地区大会優勝校同士の顔合わせで、馬淵監督が仙台育英の先発投手を大胆に予測した。

ロースコアのゲーム 明徳義塾・馬淵監督/1点を絞り出す野球 仙台育英・須江監督

 ――相手チームの印象は。

 ◆明徳義塾・馬淵監督(以下、馬淵) 走攻守で能力の高い選手が多いというのが実感。

 ◆仙台育英・須江監督(以下、須江) 非常に丁寧な、負けづらい野球をするイメージがある。

 ――冬場に重点を置いた取り組みは。

 ◆馬淵 フィジカル面の強化。平均体重で3~5キロ大きくなった。ウエートトレーニングなどで、パワーがかなりついた。

 ◆須江 昨年の秋季大会に入っていなかった4人が登録メンバーに入った。元のチームの長所も生かしながらレベルアップしたい。

 ――理想の試合展開は。

 ◆馬淵 打ち合いでは勝てっこない。(エースの)代木大和がしっかり投げて守って、ロースコアのゲームをやりたい。

 ◆須江 代木投手から点数を取るのは、なかなか難しい。1点を絞り出すような野球をしなくてはいけない。

 ――チームで鍵となる選手、また相手の警戒する選手は。

 ◆馬淵 仙台育英は恐らく(左腕の)古川翼投手が先発してくると見ている。左打者がどれくらいついていけるかが鍵。相手打者では秋山俊選手を一番警戒している。

 ◆須江 代木投手は右打者へのカットボールが秀逸で、左打者の外角の出し入れが非常にクレバー。浅野洸司、渡辺旭の左打者が対応できるか、吉野蓮ら右打者がインコースに対応できるかが鍵。警戒するのは長打がある代木選手。捕手の加藤愛己選手も乗せたくない。

 ――今回は抽選が例年より早く、相手チームを調べる時間があった。どう生かすか。

 ◆馬淵 早い時期に対戦校が決まるのは、お互いにとっていいんじゃないか。1週間前に仙台育英と当たるとなったら、雑誌などを読んで先発は伊藤樹投手だと思うが、いろいろ状況を聞いたり、情報を調べたりしていくうちに、伸びた古川投手が先発して継投するんじゃないかと予想が立った。お互いに研究する時間があるから1回戦はどのゲームも競るんじゃないかな。来年からもこのくらいでやってもらえたら。

 ◆須江 初戦としてはとてもやりづらい明徳義塾さんに当たった。情報にとらわれすぎず、当日のゲームの中でどういう印象を受けるか。例えば、第1打席やゲーム前のさまざまな所作から何を感じられるかが逆にポイントになると思う。

 ――1回戦への意気込みを。

 ◆馬淵 今できることを最大限やる。あまり勝ちたい勝ちたいと思ってはいい試合ができない。仙台育英さんにぴったりとくっついていけば、何とか勝負になるかなと本心で思っている。

 ◆須江 くらいつきながら、最終的に何とか1点差で絞り出して勝つような準備をしたい。馬淵監督は積み上げてきたものがあり、監督の差があるので最後は選手に頑張ってもらうしかない。


 ■人物略歴

馬淵史郎(まぶち・しろう)氏

 1955年11月28日生まれ。三瓶高(愛媛)、拓大では遊撃手。86年に社会人野球・阿部企業監督として日本選手権準優勝。87年から明徳義塾コーチ。90年から監督。甲子園通算51勝は歴代4位タイで、夏は優勝1回。同校スポーツ局長。


 ■人物略歴

須江航(すえ・わたる)氏

 1983年4月9日生まれ。仙台育英高では学生コーチ、八戸大(現・八戸学院大)ではマネジャー。2006年に仙台育英系列の秀光中野球部監督に就任し、14年に全国大会制覇。前任者の辞任に伴い、18年1月から監督。情報科教諭。

あわせて読みたい

注目の特集