JR桂川駅、南北結ぶ通路完成 10年以上要望強く、21日から利用可能 /福岡

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
利用客以外も駅の北口に行ける自由通路(左奥)。左端は王塚古墳の装飾文をあしらったエレベーター
利用客以外も駅の北口に行ける自由通路(左奥)。左端は王塚古墳の装飾文をあしらったエレベーター

 JR桂川駅(桂川町豆田)の南北をつなぐ自由通路(跨線(こせん)橋)が完成し、21日から利用できる。同時に駅舎もエレベーターなどを新たに備えて一新し、町の玄関口の活性化に期待がかかる。【荒木俊雄】

 桂川駅は町制施行と同じ1940年開業。博多方面へは当初、原田駅で乗り換える必要があったが、篠栗トンネル開通(68年)などで桂川―博多間の所要時間は50分程度に半減。2001年の電化や特急運行などで現在は博多まで最短約25分の一方、通勤・通学の送迎などで北側の駅正面が混雑し、10年以上前から南側からのアクセス…

この記事は有料記事です。

残り380文字(全文633文字)

あわせて読みたい

注目の特集