日出生台、夜間実射訓練自粛 住民の要望「米軍受けず」 防衛相説明 県「確認書」順守、今後も要請 /大分

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 在沖縄米海兵隊が、陸上自衛隊日出生台演習場(由布市など1市2町)で、九州防衛局と地元との確認書を無視した夜間の実射訓練などを実施し、県が米軍に確認書に基づく訓練の順守を求めていた問題で、岸信夫防衛相は18日、米軍側が県の要望を受け入れなかったと広瀬勝貞知事に伝えた。

 広瀬知事が同日上京し、岸防衛相から、県…

この記事は有料記事です。

残り200文字(全文354文字)

あわせて読みたい

注目の特集