楊氏、冒頭15分間 ブリンケン氏応酬 非難合戦の米中外交トップ

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
会談に臨むブリンケン米国務長官(右から2人目)と中国の楊潔篪・共産党政治局員(左から2人目)=米アラスカ州アンカレジで18日、AP
会談に臨むブリンケン米国務長官(右から2人目)と中国の楊潔篪・共産党政治局員(左から2人目)=米アラスカ州アンカレジで18日、AP

 ブリンケン米国務長官と中国の外交担当トップの楊潔篪(ようけつち)・共産党政治局員の会談が18日、米アラスカ州アンカレジで始まった。ブリンケン氏が中国による人権侵害や権威主義的行動に「深い懸念」を表明すると、楊氏は「米国が世界を代表しているわけではない」と反論。バイデン米政権発足後初めてとなる米中外交トップの会談は、出だしから激しい非難の応酬となった。

 ブリンケン氏は会談冒頭で、中国が国家の主権や統一に関わる「核心的利益」と位置づける新疆ウイグル自治区、香港、台湾の問題と共に、米国に対するサイバー攻撃や米同盟国への経済的威迫を列挙。「中国は世界の安定を維持するルールに基づいた秩序を脅かしている」と批判した。

 一方、楊氏は「米国は自らのことをしっかりやるべきであって、自分の問題を解決できずに他国に視線を移し、中国の人権や民主についてあれこれ言うべきではない」と主張。米国の黒人差別への…

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1232文字)

あわせて読みたい

この記事の筆者
すべて見る

注目の特集