特集

新型コロナウイルス

新型コロナウイルスのニュース、国内での感染状況を報告します。

特集一覧

感染「すでにリバウンド」の指摘も 専門家、宣言解除に賛否割れ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
 専門家らによる諮問委員会を終え、記者に囲まれる新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長(中央)=東京都千代田区で18日午前
 専門家らによる諮問委員会を終え、記者に囲まれる新型コロナ感染症対策分科会の尾身茂会長(中央)=東京都千代田区で18日午前

 首都圏1都3県に発令されていた緊急事態宣言について、18日の「基本的対処方針等諮問委員会」(会長=尾身茂・地域医療機能推進機構理事長)で全面解除が決まった。新型コロナの感染拡大に伴い延長が繰り返され、期間も過去最長の2カ月半に及んだが、病床使用率が改善したため解除に一定の理解が得られた。ただ、一時は減りつつあった感染者数も、3月に入ると増加傾向となり、リバウンド(再拡大)への懸念が強まっている。宣言解除は適切だったのか。宣言の延長効果はあったのか。専門家たちの声を拾った。【阿部亮介、金秀蓮、村田拓也】

 18日午前7時半から中央合同庁舎8号館(東京都千代田区)1階の講堂で始まった政府の諮問委員会。「感染者の8割減が達成でき、当初の目標についてはしっかりと達成できた。(飲食店の営業時間の短縮要請など)対策を絞ったので結果に限界があり、これ以上の宣言期間を延長しても効果が十分ではない。まず解除し、次のステージに入ってしっかり対策を講じる必要がある」。新型コロナを担当する西村康稔・経済再生担当相が委員を前にこう述べ、宣言解除に理解を求めた。

 委員からは賛成意見が相次いだが、「事態が改善してもろ手を挙げてよかったという状態ではない」「今回の解除が国民に『よかった』というメッセージにならないよう、対策と合わせて説明してほしい」などと懸念を示した。これに対し政府は解除後の対策として、…

この記事は有料記事です。

残り1609文字(全文2204文字)

【新型コロナウイルス】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集