特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

明徳義塾・エース代木 はね返された伝家の宝刀 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
【仙台育英-明徳義塾】先頭打者を三振に抑え声を上げる明徳義塾先発の代木=阪神甲子園球場で2021年3月19日、藤井達也撮影 拡大
【仙台育英-明徳義塾】先頭打者を三振に抑え声を上げる明徳義塾先発の代木=阪神甲子園球場で2021年3月19日、藤井達也撮影

 第93回選抜高校野球大会は第1日の19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で行われ、明徳義塾(高知)のエース代木大和投手(3年)は1失点完投と好投したものの、初戦で敗れた。

 「伝家の宝刀」がはじき返された。味方の失策が絡んで迎えた二回1死二塁のピンチ。仙台育英の6番・遠藤に低めのカットボールを巧みに合わされ、先制の左前適時打を許した。やや真ん中寄りの甘いコースへと吸い込まれた1球に、「あそこに飛ぶような球を投げてしまったのは、失投のうち」。全113球中、この1球が唯一の失点となり、決勝点にもなった。

二回裏仙台育英1死二塁、遠藤が左前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2021年3月19日、津村豊和撮影 拡大
二回裏仙台育英1死二塁、遠藤が左前適時打を放つ=阪神甲子園球場で2021年3月19日、津村豊和撮影

 昨夏の甲子園交流試合で打たれた悔しさを胸に、「勝てる」投手を目指してきた。馬淵監督から握り方を教わったカットボールの切れと制球を向上させ、昨秋の四国大会で優勝。184センチの大型左腕は一回り成長し、聖地に戻ってきた。

 しかし、全国のレベルは一段階違った。要所こそ締めたが、10安打を浴びた。「最少失点に抑えたけど、(味方の失策を)自分がカバーしきれず、まだまだと感じた」。エースの責任を全うできず、悔しさが募った。

力投する明徳義塾先発の代木=阪神甲子園球場で2021年3月19日、藤井達也撮影 拡大
力投する明徳義塾先発の代木=阪神甲子園球場で2021年3月19日、藤井達也撮影

 「甲子園でのリベンジ」が目標だったが、またも壁にはね返された。「直球とカットボール、カーブの出し入れや制球力、球威も相手に劣っていた。夏に向けてやっていきたい」。聖地から再び課題をもらい、さらなる成長を見据えた。【新井隆一】

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集