特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

簡単にはいかないな 仙台育英・須江航監督 選抜高校野球

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
仙台育英の須江航監督 拡大
仙台育英の須江航監督

 第93回選抜高校野球大会は第1日の19日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で1回戦が行われ、2年連続東北王者の仙台育英(宮城)が第2試合で、同じく2年連続四国王者の明徳義塾(高知)に1-0で勝利した。

仙台育英・須江航監督

 簡単にはいかないな。(明徳義塾の)馬淵監督の執念が選手に乗り移っているので。(古川翼投手と伊藤樹投手について)今持っている力を最大限発揮してくれたと思う。お互いがお互いの力を引き出すように集中力が高く、さすがです。(決勝打を放った遠藤太胡選手は)彼が一番、絶対に甲子園のベンチに入るんだという執念を秋から冬にかけて感じた選手。出来ないことと向き合うのではなく、強み、長所と向き合ったのでいい結果につながったと思う。(ピンチの四回途中から2番手で登板して抑えた)伊藤は、最高のピッチングでした。名実ともに背番号1。(島貫丞主将の選手宣誓は)手前味噌ですけど、非常に立派な選手宣誓だっと思う。チームも改めて結束したというか、選手宣誓の取材が終わって室内練習場に戻って来た時にいい雰囲気になった。最高だったぞみたいな。すごく試合の入りとしてはエネルギーをもらった。あと、卒業した3年生をここに立たせてあげたかった。もしかしたら去年のキャプテンが選手宣誓してたのかなとか、いろんな思いがありました。

島貫丞主将「みんなでつかんだ勝利」

 仙台育英・島貫丞主将 みんなでつかみ取った勝利だと思う。日本一のチーム内競争を掲げて練習してきたので、それを体現できた一日になった。先制打を放った遠藤(太胡選手)や、試合には出ていないが、背番号7の佐藤(涼宣選手)、秋季大会ではベンチに入れなかったメンバーがはい上がってきた分、チームも強くなった。

 自分は(六回裏に)チャンスが回ってきたが凡退で終わってしまった。落ち込んだけれど、みんなが声を掛けてくれ、「信頼できる仲間がいるから大丈夫」と切り替えて、守備につくことができた。

 (明徳義塾の)代木(大和)投手が途中からギアを上げてきた。安打数10本で1点しか取れなかったのは今後の課題だ。残塁が多かったので次までに修正し、万全の態勢で臨みたい。

全31試合を動画中継

 公式サイト「センバツLIVE!」では、大会期間中、全31試合を中継します(https://mainichi.jp/koshien/senbatsu/2021)。また、「スポーツナビ」(https://baseball.yahoo.co.jp/senbatsu/)でも展開します。

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集