連載

伝書鳩

愛知、岐阜、三重の記者によるコラム。

連載一覧

伝書鳩

悲しみは永遠に /愛知

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「この10年間、ただただ悲しかったです。あの日を忘れたことは一日もありません」

 三重県庁で11日に行われた東日本大震災の追悼式典で、岩手県陸前高田市から伊勢市に避難した鈴木眞弓さんは取材にそう答えた。3月が来ると毎年、体調が優れないことや故郷には、悲しみから戻れていないことなどを丁寧に語ってくれた。

 取材中、鈴木さんの様子が変わった瞬間があった。国が震災10年を一区切りとし、来年以降は追悼のあり方を見直すことから、県が今後の追悼式開催の見送りを考えていることを知ると、鈴木さんは「なくなるんですか?」と驚いた表情を見せた。その後、「規模が小さくてもいいから続けてほしいです。被災した方々や、いまだ遺体が見つからないご家族に対して、失礼だと思います」と続けた。

この記事は有料記事です。

残り117文字(全文449文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集