特集

第103回全国高校野球選手権

第103回全国高校野球選手権大会(8月10~29日)の特集サイトです。

特集一覧

第93回選抜高校野球 開会式 緊張とワクワク感 あす初戦、明豊ナイン意気込み /大分

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
開会式でバックスクリーンの大型ビジョンに映し出された明豊の選手たち 拡大
開会式でバックスクリーンの大型ビジョンに映し出された明豊の選手たち

 <センバツ甲子園>

 19日に開幕した第93回選抜高校野球大会(毎日新聞社、日本高校野球連盟主催)。開会式は新型コロナ対策のため簡素化され、明豊は参加を見合わせて宿舎のテレビで式典の様子を視聴した。選手たちは「明豊らしい粘り強い野球で勝ちたい」と闘志を燃やした。

 開会式には、この日に試合のある6校のみが参加し、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場を行進。明豊の行進は大分市内で事前に撮影した映像が球場の大型ビジョンで流された。

 幸修也主将(3年)は「大舞台でプレーできるワクワク感と一緒に緊張感も味わった。もうすぐ初戦だと実感が湧いた」と語った。簑原英明選手(同)は「自分が開会式に出ていることを想像しながらテレビを見た。早く甲子園に立ちたい」と意気込んだ。

 この日、選手らは甲子園球場近くで練習に汗を流した。主砲の黒木日向選手(同)は「自分の打順は得点圏に走者がいる場面が多いと思う。ランナーを確実に生還させてチームに貢献したい」と話した。明豊は21日の初戦で初出場の東播磨(兵庫)と対戦する。【辻本知大】

あわせて読みたい

注目の特集