連載

土記

科学取材の経験が豊富な青野由利専門編集委員のコラム。

連載一覧

土記

ブレーカーは五輪にも=青野由利

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <do-ki>

 電子レンジと電気ポットを同時につけるとテレビもエアコンもパタッと消える。在宅勤務をしているとブレーカーが落ちやすい、と感じるのは気のせいだろうか。

 回路に過剰な電流が流れた時に自動的に遮断する「サーキットブレーカー」。それが、新型コロナウイルスの感染制御でも聞かれるようになった。

 たとえば英国。長期の全国的ロックダウンではなく、特定の地域で短期集中的に厳しい対策をとる。ミニロックダウンを示すようだが、日本ではちょっと意味合いが違うかもしれない。

 3月5日、首都圏の緊急事態宣言の延長にあたり、記者会見で尾身茂さんがリバウンド防止策として「サーキットブレーカー発動」を挙げた。感染拡大の兆候が見えたら自動的に対策にスイッチが入る、というイメージだ。

この記事は有料記事です。

残り643文字(全文977文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

注目の特集